• 文字の大きさを変更

TOP >  分野ファンドトップ  >  各ファンド紹介  >  MINTO住民参加型まちづくり支援ファンド  >  山形市中心市街地活性化支援「人・街・歴史」蒔絵絵地図案内看板設置事業 (平成21年度)
山形市中心市街地活性化支援「人・街・歴史」蒔絵絵地図案内看板設置事業 (平成21年度)
NPO法人 NPOやまがた芸術村
事業の内容

「山形まるごと館」は、かつて紅花商人であった長谷川家の蔵屋敷です。「山形の歴史、文化を活かした新たな魅力とにぎわいの創造」を目的とし、また街なか観光の拠点として、中心市街地のシンボルと言っても良い重要な施設です。
 今回の事業では、当法人の活動分野である文化・芸術分野的な観点からのアプローチとして、「人・街・歴史をつなぐ蒔絵地図の案内版」を山形まるごと館内に設置し、山形市の中心市街地活性化を図るため事業を企画致しました。
事業の成果と感想

蒔絵地図による案内版の制作については、比叡山延暦寺の障壁画を手掛けるなど活躍が目覚ましい「中村哲叡(なかむらてつえい)氏」のご協力いただくことができました。また、地図の設置場所については、山形まるごと館内への設置許可をいただくことができました。
山形まるごと館は、山形市の中心市街地の顔とも言うべき場所であり、この芸術性の高い同案内版が、街中を訪れる来訪者の利便に供されるとともに、広く市民や観光客の名所・名物として、中心市街地のランドマークとして親しまれてほしいと願っております。 ※尚、設置条件などを勘案し、反射の大きい蒔絵から日本画に変更しております。



前
「梅花藻と五堰の街・やまがた」日本画案内看板設置 事業 (平成22年度)
カテゴリートップ
MINTO住民参加型まちづくり支援ファンド

 

山形市コミュニティファンド

Copyright © 山形市コミュニティファンド Allright reserved.

rss ログイン