• 文字の大きさを変更

TOP >  分野ファンドトップ  >  各ファンド紹介  >  ごみ減量・もったいないファンド  >  もったいないガイドブック作成事業 (平成22年度)
もったいないガイドブック作成事業 (平成22年度)
エコの会
事業の内容


私達「エコの会」は、平成14年4月に発足した市民団体です。発足以来、毎月第2木曜日、午前10時から、山形市中央公民館で勉強会を開催し、身近な環境問題などについて、会員みんなで話し合い、学習し、できるところから積極的に行動しています。

これまでも、庄内浜クリーン運動や馬見ヶ崎川の水質調査などに参加してきましたが、現在、山形市域のごみ減量や資源の再利用のために活動しており、本会と目的を共有する「ごみ減量・もったいないねット山形」様と連携し、ショップ情報満載の「もったいないガイドブック」(A5版フルカラー、66頁、3,000部)を作成しました。

事業の成果と感想


両会のスタッフが、レンタル・リサイクル・リペアショップへの取材項目や取材内容を話し合い、情報収集をしました。

本会の会員も、ショップ取材や編集作業を通じて、ごみ減量やリサイクルに関して、更に理解を深める事ができたと感じております。

今後は、できるだけ多くの市民の方に活用して頂けるよう、様々な機会に配布し、情報発信を行って参ります。ご家庭の日用品をごみとして捨てる前に、または購入する前に、この「もったいないガイドブック」をお手に取って頂き、5R(リフューズ、リデュース、リユース、リペア、リサイクル)の取組みにご活用頂ければ幸いです。


最後に、山形市コミュニティファンドへご寄付頂きました事業者様の環境に配慮した高い企業理念に深く敬意と感謝を申し上げます。




前
「野サイクルマーク」で生ごみ減量・啓発事業 (平成22年度)
カテゴリートップ
ごみ減量・もったいないファンド

 

山形市コミュニティファンド

Copyright © 山形市コミュニティファンド Allright reserved.

rss ログイン