• 文字の大きさを変更

TOP >  分野ファンドトップ  >  各ファンド紹介  >  ごみ減量・もったいないファンド  >  モニター調査を通して効果のあるエコキャップBOXの作製・配布事業 (平成23年度)
モニター調査を通して効果のあるエコキャップBOXの作製・配布事業 (平成23年度)
特定非営利活動法人まちづくり山形
事業の内容

「ごみ減量・もったいないねット山形」は市民、事業者、行政が一緒になってごみ減量等を推進するために活動を展開しており、当法人も「ごみ減量・もったいないねット山形」の団体会員として、連携した活動を行っています。
平成22年度に活動の一つとして試験的なエコキャップBOXを作製しました。平成23年度はこのエコキャップBOXを使ったモニター調査を実施し、その結果を踏まえて、効果が期待できるエコキャップBOXの作製を行いました。
2種類の試験的に作製したエコキャップBOXとアンケートを650配布し、89のサンプル数を確保しました。
「ごみ減量・もったいないねット山形」広報部会において、モニター調査の結果などを踏まえて、デザイン調整などを行いました。
エコキャップBOX 8,000個(おしゃれBOX 5,000個、牛乳パック3,000個)のうち、5,000個(おしゃれBOX 2,400個、牛乳パック2,600個)を作製することができました。
事業の成果と感想

モニター調査を行ったことで市民の意見を反映することができたことや、モニターを通して知らしめることができ、活動への参加がなされたことなどの他、企業参加の模索によりスポンサー協力が得られることになったことは活動の広がりにつながると思います。
みなさんから愛されるだけでなく、エコキャップ運動を考えるきっかけとなり、自らごみを出さないライフスタイルにつながることを願っています。



前
ごみ減量・もったいない“ぬりえ”作成・配布事業 (平成24年度)
カテゴリートップ
ごみ減量・もったいないファンド
次
「野サイクルマーク」で生ごみ減量・啓発事業 (平成22年度)

 

山形市コミュニティファンド

Copyright © 山形市コミュニティファンド Allright reserved.

rss ログイン