• 文字の大きさを変更

TOP >  分野ファンドトップ  >  各ファンド紹介  >  環境保全分野ファンド  >  家庭で実践できる環境教育の為の資料作り基礎講座 (平成27年度)
家庭で実践できる環境教育の為の資料作り基礎講座 (平成27年度)
特定非営利活動法人 サポート唯
事業の内容
家庭で実践できる環境教育の為の資料作り基礎講座
 地球の環境問題を悪化させる一例、ゴミ問題。ゴミの出し方(マナー)に始まって、分別、不法投棄など、数々の問題を生み出しています。また、世界的な問題の一つ、地球温暖化。こういった問題の進行に、私たちの日常の何気ない生活がどれほどの影響を及ぼすのか。環境保全を意識した生活でどれほど効果が出るのか。我が家の状況を目で見えるデータとして知ることで、日常生活で実践できる環境に優しい活動に繋げられる基本を学ぶため、親子で学ぶ「施設見学会」と「我が家の現状を知る」ための講座の連続講座を開催しました。また、貴重なエネルギーや自然を大切にして未来を守るために日ごろの生活をチェックできる、山形市版「環境ノート」の案づくりに向けたアンケート調査や、感想や意識の変化を文字にして「エコ川柳」の作成にも取組みました。
事業の成果と感想

 今回の事業の成果は、小学校一年生が書いてくれた入選のエコ川柳『この地球 エコをするとね 守れるよ』に反映されているように、参加者の方々に、日常生活の中で環境のために自分自身ができることを実践してみようという意識がうまれた点です。また、施設見学を通して山形市の「環境」についての現状を実際に見たことで、自然を大切にし未来を守るために日ごろの生活で取組めることを改めて親子で考える機会となりました。また、フードマイレージの意識が産直利用の意識へと繋がったこと、山形で進められている分別への意識が高まったことなど、参加者の身の回りの環境への意識に変化が生まれたように思います。
 今回、環境ノートの山形版に繋げる案を作成しましたが、その際、より山形市の現状にあった環境ノートとなるよう、講座参加者の感想やアンケート調査の結果を盛り込むなどの工夫をしました。今後の活動に於いても、地道な聞き取りや講座開催により環境ノート作成のためデータ収集を継続し、環境意識教育の切っ掛けとなる環境ノートを完成させたいと考えています。 家庭で実践できる環境教育の為の資料作り基礎講座  家庭で実践できる環境教育の為の資料作り基礎講座 



カテゴリートップ
環境保全分野ファンド
次
とっておきの音楽祭inやまがた2013 (平成25年度)

 

山形市コミュニティファンド

Copyright © 山形市コミュニティファンド Allright reserved.

rss ログイン