• 文字の大きさを変更

TOP >  分野ファンドトップ  >  各ファンド紹介  >  ごみ減量・もったいないファンド  >  “着ぐるみ”によるごみ減量・もったいない啓蒙活動事業 (平成26年度)
“着ぐるみ”によるごみ減量・もったいない啓蒙活動事業 (平成26年度)
特定非営利活動法人まちづくり山形
事業の内容

私たちNPO法人まちづくり山形は、「ごみ減量・もったいないねット山形」と一緒になって、山形市の環境活動を行っています。
 平成21年度に「ごみ減量すすむくんかるた]を作製し、毎年、かるた大会が開催しています。新たなキャラクターである“かなえちゃんバージョン”のかるたの作製・増刷を行うなど、定着とともにその効果は広がりつつあります。平成23年度はエコキャップBOXの作製、さらに平成24年度には“えこぬりえ”を作製しました。平成25年度は、多くの子どもたちがエコを楽しみながら学べる「きせかえぬりえコンテスト」を開催し、ごみの減量やエコ推進活動に触れる機会を増やすとともに、子どもたちが一緒になって共通のものにチャレンジする機会を創り出しました。 
 これまでの活動を総括する中で、これまでの活動の継続とバージョンアップだけでなく、より市民の皆さんに親しまれごみ減量のPR効果が図れる啓蒙グッズの必要性を強く感じました。それが実現できるのは“着ぐるみ”の作製と考え、ごみ減量すすむくん1体の“着ぐるみ”を作製し、実際にごみ減量の啓蒙啓発活動に活用することを目指しました。
事業の成果と感想

 今回作製したすすむくんの着ぐるみは、市内のエコ推進イベントや市民活動まつりにて、ごみの減量の啓蒙啓発活動に活用しました。着ぐるみとなったすすむくんは子どもから大人まで大人気で、みんなから愛される存在となり、PR効果が抜群でした。また、他の啓蒙グッズとの相乗効果により、市民の皆さんの環境に対する意識が高まったと実感しています。
 今後は、貸出マニュアルなどを設定することで様々なイベントへ参加できる体制をつくり、PRの機会の増大を考えています。また、企業との連携を生み出し、会全体の活動の広がりにつながげていければと考えています。



前
みんなでつくるエコステーション事業 (平成28年度)
カテゴリートップ
ごみ減量・もったいないファンド
次
 「市民みんなで生ごみやさいクル事業」~生野菜から加工品へ~ (平成25年度)

 

山形市コミュニティファンド

Copyright © 山形市コミュニティファンド Allright reserved.

rss ログイン