• 文字の大きさを変更

TOP >  公開プレゼンテーショントップ  >  平成28年度支援事業のご紹介  >  少子高齢化時代の新たな地域の担い手づくり事業
少子高齢化時代の新たな地域の担い手づくり事業
柏倉にぎわいづくりネットワーク
事業の内容
柏倉にぎわいづくりネットワーク
  私たち「柏倉にぎわいづくりネットワーク」は、地域のにぎわいづくりに向けた活動を行っていますが、少子高齢化により地域の担い手となる若者をいかに確保するかが課題となっています。そこで、新たな地域の担い手となる若者を地域外から呼び込むため、自然や空き家などの地域資源を活用した「たまり場づくり」と「魅力発掘」のワークショップを開催するとともに、冊子などを活用した魅力の発信に取り組むこととしました。
事業の成果と感想

  たまり場づくりワークショップを通して、これまで地域と縁のなかった若者20名と交流する機会を得て、そのうち10名は地域活動に呼び込むことができました。また、魅力発掘ワークショップには、地域の主だった人たちが参加し、地域の魅力について認識を新たにして、地域ぐるみで取り組んでいくことを話し合いました。そのほか、地域の魅力を発信する冊子なども作成しました。
  今回の取組の結果、地域外の若者による独自の企画も生まれましたので、更に多くの若者を呼び込むことができるようになるのではないかと期待しています。事業終了後も、地域ぐるみで魅力発信に取り組み、地域の新たな担い手づくりを継続して進めていきたいと思います。
柏倉にぎわいづくりネットワーク
柏倉にぎわいづくりネットワーク



前
市民のためのアスベスト対策ガイド~震災から学ぶアスベスト対策~
カテゴリートップ
平成28年度支援事業のご紹介
次
「食は命なり」未来へ伝えたい豊かな山形の食材と食文化

 

山形市コミュニティファンド

Copyright © 山形市コミュニティファンド Allright reserved.

rss ログイン