• 文字の大きさを変更

TOP >  公開プレゼンテーショントップ  >  平成26年度支援事業のご紹介  >   KYARA 2
 KYARA 2
東北RELATIONSHIP
事業の内容

  私たちは、障がいの有無にかかわらず、誰もが社会参加できるきっかけづくりの提供活動を目標としています。特に今年度は、物をつくる楽しみを知ってもらうこととし、(1)参加できるきっかけの場、居場所作りを提供する。(2)必要とされる喜び、人の役に立つ喜び、そして目的を持つ喜びを味わっていただく。(3)様々なイベントに参加して、物をつくり、楽しみながら交流を深めていただく。以上3つを目的とし、山形市のお宝広報大使「はながたベニちゃん」のオリジナルキャラクターグッズ製作に挑戦しました。
事業の成果と感想

  これまでの活動を通して色々な方とお話ができ、同時に貴重なご意見も頂きました。その頂いたご意見を参考に、ものづくりと同時に他事業所との連携を図るという新たな挑戦を、今年度の事業として実施しました。ものづくりをキーワードに、共同製作活動だけでなく、障がいのある方のすばらしい技術・能力を活かすために、製作したベニちゃんグッズの梱包作業を福祉作業所に担当して頂きました。ものづくりを通して、障がいの有無にかかわらず自分にできることを行うことで、社会参加を前向きに捉えてていただけたのではないかと思います。また、こうしてできたベニちゃんグッズを様々なイベントで販売しながら、私たちの活動のPRも実施しました。その結果、今後の活動を考える際に活かせそうなご意見を頂き、また新たなつながりができました。

  私たちの団体にしかできないこともあります。同時に、他事業所様でなければできないこともあります。これらの点と点がつながったとき、新たなつながりが生まれ一つのものが完成するということを再認識できた事業でした。



前
親子の絆を深める山形市親守詩発表会
カテゴリートップ
平成26年度支援事業のご紹介
次
高齢者と相続に関するセミナー

 

山形市コミュニティファンド

Copyright © 山形市コミュニティファンド Allright reserved.

rss ログイン